庭創作倶楽部HOME > メンテナンス事例 > お庭のメンテナンス > ウッドデッキのメンテナンス|塗り替え
メンテナンス事例

ウッドデッキのメンテナンス|塗り替え

(有)光葉園

ウッドデッキ 塗り替えメンテナンス

ウッドデッキと言えばやっぱり天然木をお勧めしています。 その理由はもちろん、天然木でしか味わえない風合いです。 木の温もり、木の香りそして 夏の強い日差しでも人口のデッキと比べると熱くなりにくく、小さなお子様やペットも安心できる薬剤不使用のウッドデッキ。 それがこのタンモクウッドの特徴です。

ウッドデッキ(タンモクウッド)3年目

天然木のウッドデッキはメンテナンスが必要となります。 3年ほど経つと紫外線や歩行による摩擦で色あせが生じます。 ※タンモクウッドは天然木(国産杉)ですが特殊高温処理を施してあるため腐りには強い素材です。

サンダーをかけた後 ウッドデッキ

まずは表面の古い塗装をはがします。 サンダーや布やすりを使って丁寧に表面を削ります。

ウッドデッキ専用ペンキ

今回はタンモクウッド専用の塗料(天然油脂系塗料)を使って新しく塗り替えていきます。

ウッドデッキ 塗り替え中

全体を丁寧に1度塗りして、乾いた後にもう一度塗り重ねていきます。

ウッドデッキ メンテナンス後

メンテナンス後のウッドデッキです。 見た目だけでなく、塗料でコーティングされることで丈夫でさらに長持ちします。 メンテナンスは少し面倒ですが、天然木の良さを味わうためのひと手間ですね。

施工店詳細ページへ

関連の施工実績

一覧へもどる

庭創作倶楽部とは

エリア内から施工店を探す 滋賀県

庭創作倶楽部 滋賀版モバイル

お庭の用語集

季節ごとのお庭のお手入れ

タカショー